FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔の機械

【礒淵】


 UFOキャッチャーが不得意で毎度数千円をつぎ込んでしまう。

 キキ&ララの低反発枕を手に入れるに2000円、ポムポムプリンのぬいぐるみには2500円融かした。

 一回100円なので20回近く操作したことになる。

 まだまだビギナーなのでこんなもんか、とも思うがそれにしたって採算悪い。

 しかしどちらの景品もおよそ定価に近い値段で手に入れているので、損しているとは考えられない、いや、考えたくない。

 あれは、ほんとうに、悪魔の機械だと思う。

 とりあえず一回やってみるか100円だし、と気軽にやり始めたら沼から抜け出せなくなり落ちるところまで落ちて最後に景品が落ちたら虚無とともにゲームセットだ。

 その一回でやめればいいものを、やめられないのはなぜかというとなんだか景品が取れそうなことに起因する。

 アームに景品が引っかかりいかにも取れそうな感じがしてしまい、もうワンコインでいけるんじゃないかしら、と幻を見る。

 幻は幻だから幻なのだ。

 500円つぎ込んだあたりで、もう引き返せないことを知る。

 500円。一食代だ。500円あればできることなんていくらでもある。

 これはもう景品を何としてでも取るしかない、あれよあれよという間に野口英世が硬貨に替わり、1000円2000円なんて瞬解する。

 2000円もつぎ込めばもうそろそろ景品は取れるころでアームを操作する手が震えてくる。はじめからこれくらいの緊張感で挑まなければだめなのかもしれない。

 ゲームセンターは騒音が激しく5分でもいたら気が狂ってしまう場所なんだけどたしかにクレーンを操っているときは静寂そのもので、目標ただそれ一つに向かって金をつぎ込み呼吸を殺しアームを注視しその結果に一喜一憂するその様は、やっぱり気が狂っているのかもしれない。

 

 景品が取れた瞬間は脳汁がドバドバ溢れて全身が痙攣して視力並びに聴覚を失うほどに快楽なのだけれど、直後に訪れる虚無感は津波のように容赦なく、そして巨大。

 たしかに嬉しいのだが、失ったものが大きい気がするのだ。

 

 キキ&ララの低反発枕は寝心地が最悪だったので使用している枕の隣に置いている。プリンのぬいぐるみはその向かいに鎮座させ、つまり僕はその二つに頭を挟まれて寝ている。

 熱帯夜のせいだろうか、うなされることが多くなった。

 

 ぼくの夢は景品で手に入れたぬいぐるみで布団を囲い魔方陣を完成させることだ。

 どうかその時まで僕が正気でいられますように。



   

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

LIVEの予定

sobuchi

Author:sobuchi

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
こちらもクリック↓

FC2Blog Ranking

カウンター
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。