スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤホン外して

【礒淵】

 昔ここに書いたかもしれないけれど、最近また同じようなことを考えているので書くことにする。

 蝉がみゃんみゃん鳴きはじめて夏が加速している。
 目に緑が多くて、暑いけれど心地よくて歩くのが楽しい。
 23区に住んでいるけれど憩いの場となる公園も豊富で、ただ海がないのが残念なだけで、自然環境のオーラを感じながら生活できることは幸運だと思う。住宅街だけれどそれだけじゃない。木の影が涼しい。

 ウォークマンを聴きながら散歩することが多かったんだけれど、さいきんウォークマンを使うことをやめた。
 iPodにしたんだ、というわけではなく、歩きながら音楽を聴くことをやめたのだ。
 
 蝉の声、車の走る音、サンダルの音、飛行機の音、風の音、葉の揺れる音、アスファルトの灼ける音、川の音、話し声、街頭の音楽、踏切の音、電車の音、呼び込みの声、などなど自然のものから人工のものまで世の中は音にあふれているのに、いつでも聴ける音楽に耳をふさがれていては感じるものが局所的になり考えることも少なくなって見たものすら見えていないようになってしまう気がして、これじゃああかんよなぁと思い僕はイヤホンを外すことにした。するとどうだ、夏が聴こえた。
 
 イヤホンを耳にさして好きな音楽を聴いているとき、ぼくは何も考えていない。
 見た色を色として認識するだけ、歩く人を歩行者と認識するだけ、環境音は雑音だ。
 しかしどうだろう、イヤホンを抜いたぼくは、両耳から入ってくる膨大な量の情報をはじめ、目にしたもの、肌に感じたもの、すべてが気になって仕方がなくなり、その挙動は「ポケモンGO」に目を奪われている人たちよりも危ないものだ。
 
 景色は決して新鮮ではないのだけれど、イヤホンをさしていたときりよも情緒豊かで美しいものに、同時に哀しいものに見えてきた。
 考え事はイヤホンを差していたときよりも増えて、内的な刺激が増えた。
 

 イヤホンで歩きながら音楽を聴くのは嫌いじゃない。
 生活のBGMとして音楽は風景に融け込み、たとえば夕焼けを見て自然と「夕焼け小焼け」を口ずさんでしまうように、骨身の一部になっていく。
 でも、今はなんだかそれが邪魔だ。
 うるさいな、とすら感じる。
 音楽は、部屋で、なにもせずにじっくり聴いたほうが味わい深い。
 
 イヤホンを外すと、なんだか耳が涼しくて、心地よい季節が始まった気がした。


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

LIVEの予定

sobuchi

Author:sobuchi

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
こちらもクリック↓

FC2Blog Ranking

カウンター
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。