スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しりょくをつくして

【礒淵】

 僕は目が悪くて、裸眼で0.06しかない。

 実は0.03から0.06まで回復したのだけれど、見えないことに変わりないので意味はない。

 昨今、目が悪い人が多くて、メガネを持っていない人の方が少数派とも思われる。
 
 目が悪いとはどういうことなのか分からない人もいると思う。
 寄り目をしてみてほしい。
 そうすると視界がぼやける。
 このぼやけた状態が目が悪い状態である。
 
 僕は左右で視力が異なるのでメガネをはずすと、遠近感がつかみずらくなってしまう。
 そのため歩くことがちょっと怖くなる。階段なんてめっさ怖い。
 マッチを擦ることも怖い。

 視界がぼやけると思考までぼやけて、全ての感覚が鈍くなる。
 あらゆるやる気がそがれていき、寝るか、ということになる。
 あらゆる感覚が削がれる、というのは不思議だ。
 代表的なのは、味覚が鈍ることだろう。
 裸眼でこの間ラーメンを食べた。
 いつもは美味しくてはふはふしてしまうのだが、そういうわけにいかなかった。
 ラーメンは得体のしれない物体、ま、臓器的なものに見えるんですね。
 何を食べているかは分かるのだが、なぜか美味しくないのだ。
 目が悪いため、裸眼だといつもより目にかかる負担が大きくなる、というのは、目が悪いから頑張って多くの情報を取り入れようと必死なのだ。
 店員に注文するにしても本当に店員は自分の相手をしてくれているのか、と普段気にしないことも気にしてしまって、というか確証が得られなくなり、絶大なる不安、憶測による行動、ぼやけた視界にぼやけた思考、これはなんだ?箸か?なんだこれは、にんにくか?ショウガか?この水は僕のやつか?死力を尽くして視力に尽くす。
 
 目をつぶって食事はなかなかできない。
 だが、目をつぶった方がましだとさえ思えてくる。
 
 ラーメンの匂い、喧騒、アブラ、わけがわからない。
 「味わうどころではない」のだ。


 大変に酔っぱらうとメガネかけてようがなかろうが関係なくなる。
 半目で行動するからだ。
 視力が回復したようにすら感じる。
 しかしそれは全くの誤りだ。
 酔っ払い、メガネを放棄し、うろうろし出したら僕を拘束してほしい。
 そうなったら何をし出すか分からない時だ。
 

 
 目が悪いと悪いことしかない。はっきり言って、メリットはないと思う。
 
 だから、目を大切にしよう。控え目に言っても。





   

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

LIVEの予定

sobuchi

Author:sobuchi

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
こちらもクリック↓

FC2Blog Ranking

カウンター
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。