FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピータンに物申す

【礒淵】

 みなさん、ピータンという中華料理をご存じだろうか。

 ピータン

 見て分かる通り、卵である。
 え、卵なの?卵なのだ。
 
 アヒルの卵を石灰の中に埋めて放置したのち作られる。
 たぶん、ピータンが最初に作られたのは全くの偶然だったと思う。
 卵を灰の中に隠しておいたんだけど、忘れちまって、思い出した頃に殻をむいてみたらこんなんなってた、って具合だと思う。
 
 まぁ、忘れてたのはかまわないけど、殻剥いて中身こんな真っ黒になってたら普通は食べないと思う。
 良い匂いがした、なら別だけど、ピータンはアンモニア系のきつい臭いらしく、簡単に言えば腐りきった食べ物なのだ。
 腐りすぎて、食べられちゃう食品なのだ。
 
 白身って黒身になるんだ、って思う。
 画像だと、琥珀のよりも陰翳を持った透き通り方をしていて、これはこれで美しいとも感じる。
 でも、やはりどう見ても危険な配色なので初見では食べないと思う。
 地獄に棲まう悪龍の眼球だと言われればそう思えてしまう容貌だ。

 食品を石灰に漬ける、という発想がやはり大陸式で、島国の我々にはとうてい思いもよらない。

 臭豆腐、という中華料理がある。
 糞便臭がする際どい豆腐であり、こいつもまた石灰の入った発酵液に漬けるという。
 不法に作られたものでは実際に人糞に漬けられたものもあるらしい。恐ろしいことだ。
 
 石灰といえば校庭で白線を引くときに用いるあれだが、あれに卵や豆腐を漬けようとは発想が及ばない。
 
 まぁ、卵は石灰の中に入れてしまってもまだ分からなくもないが、豆腐だけは本当にわからない。
 ほろほろの豆腐を石灰に。
 はぁ?
 どういう経緯があってこうなってしまったのか。
 糞便臭がすれば、あ、これは誰かのうんちだな、と思って食べるわけないのだが、それを食用とするなんてそうとう飢えていたとしか思えない。
 それともハエがたかっていたから食べたのだろうか。
 こんなに多くの生き物がたかるということは美味しいということだ、みたいな発想なのか?
 

 こんにち僕たちが口にする食材の多くは先人たちの努力や冒険心によって存在している。
 狂気的な歴史が、食材にはつまっている。
 ひとつひとつ、初見的な立場で考えてみるだけでお腹いっぱいだ。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

LIVEの予定

sobuchi

Author:sobuchi

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
こちらもクリック↓

FC2Blog Ranking

カウンター
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。