スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラメルおよび飴・ドロップについて

【礒淵】

 飴がそんなに好きではない。
 
 飴ちゃん貰っても、ふーん、で?これだけ?となってしまうのが正直なところで、甘ったるいベトベトの安いキャンデーなんて最悪の代物、匂いを嗅ぐだけで満足してしまう。
 飴ちゃん貰うならのど飴がいい。のど飴は好きだからだ。
 こぞって激甘のフルーツキャンデーなんて買わないし、もらっても捨てる。

 僕はせっかちなわけではないが、そこそこのせっかちで、飴が溶けきるのを待てない。
 ヴァリヴォリ噛んでしまう。
 特にクソ甘いフルーツキャンデーは構造も脆いので、口に入れて秒で噛んでしまう。噛むな、という方が酷である。
 溶けきるまで舐めれる飴はそれこそ高級な飴(食べたことないけど)だけで、安くて甘すぎて怒りすら覚える飴は容赦なく噛み砕くことにしている。

 のど飴はいい。
 スースーして楽しいしのどにも優しい。甘すぎることがない。
 龍角散のど飴は特にサイコーで、ハーブの独特の香りが鼻孔に抜けて気持ち良いし、薬用としての効能も期待できる。
 のど飴は噛み砕くとスースーが過度になりえぐい顔になってしまうので基本的には微小になるまで噛み砕かない。
 だからのど飴は好きだ。

 困るのはキャラメルやハイチュウはじめとするソフトキャンデー類だ。
 噛めばいいのか、舐めればいいのか分からない。
 噛んでも砕けるということは無くて、ねっちょりねっちょり奥歯に張り付いてくれる。
 舐めても舌の上で弄べるほど楽しい硬さではなくて、もういっそ手に出して粘土みたいにして遊びたいな、と思う。やらないけど。
 舐めてもダメ、噛んでもダメ。
 うわぁ、どうしよう、これ、と思っているうちに食べ終わる。
 対応に困るが、べつに嫌いなわけではない。
 キャラメルの甘さは飴とそう変わらないだろうが、キャラメルの甘さは好ましい。
 乳製品だからだろうか、優しさ、を感じる。
 舐めればいいのか、噛めばいいのか、舌でゴロゴロすることが優しさを教えてくれる。

 ドロップがいったいなんなのかよく分からないが、噛み砕きやすいことだけはわかる。
 そして、今ならハッカ味が一番好きかもしれない。

 
 

イイねボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

LIVEの予定

sobuchi

Author:sobuchi

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
こちらもクリック↓

FC2Blog Ranking

カウンター
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。