FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口琴について

【礒淵】

 先日の渋谷aubeでのLIVEの時に口琴を買った。

 へ?なにそれ?という人が多いと思うので紹介したいと思う。


 
 これはアイヌ民族のムックリというタイプの口琴である。

 口琴はこのようにビヨンビヨンという音がする。アコースティックなシンセみたいだ。
 口を共鳴体にして演奏する。
 つまり体の一部を使って音を鳴らすというわけだ。
 
 音階を取れるような楽器ではないが、倍音(蚊が飛ぶようなめっちゃ高い音)でメロディを奏でることができる。
 しかし倍音は目を閉じて注意深く耳を傾けないと聴こえてこない。
 口琴自体が大きな音のする楽器ではないので狭い室内でほんの数人と、ほんの数人のために、演奏する。
 
 音色も好きなのだが、体の一部で音を鳴らす点が僕は好ましい。
 自分の身体が楽器の一部になったような気がするのだ。
 自分の身体で自然界の音を鳴らすことができるのだ。
 風の音を出す楽器、精霊と交信する楽器、恋人のために奏でる楽器、僕は口琴の静かな温かさが好きだ。
 口琴で尊い慈しみや自然の空気と一体になれるような気がしてくる。

 口琴を演奏していると遠くを、虚空を見てしまう。
 口琴を演奏していると目をつむりたくなってくる。
 だんだん音色にハマってきて、楽しくなってくる。

 簡単すぎる楽器ではないけれど難しい楽器でもない。
 心落ち着かせ、ビヨンビヨンやっているうちは何も考えなくていい。
 空気の振動を、感じればいい。
 
 この楽器は聴くことよりも演奏することに意味があるのだと思う。
 
 楽器が体の一部となり、自然の一部になれる感覚。
 僕たちは時が経つにつれていろいろなことが変わってしまうけれど、岩は生まれたその日からその場を動かずに何千年もとどまっていられる尊さがある。
 僕たちは人間にしかなれないけれど、水は姿を変えて僕たちを包んでくれる。
 僕たちが歌うように風も歌える。僕たちでは変えられない季節も、風が変えてくれる。
 そういった自然界の尊さを、口琴は教えてくれる気がする。
  
 だから演奏することに価値があるのだ。

 安価で手に入ったので、みなさんも見つけたら手に取ってみてはいかがでしょう。


 

イイねボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

LIVEの予定

sobuchi

Author:sobuchi

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
こちらもクリック↓

FC2Blog Ranking

カウンター
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。