スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガムについて

 礒淵です。

 2/28のLIVEの詳細はこちらです→http://jatkamakura.blog60.fc2.com/blog-entry-1471.html

 いよいよ書くことがなくなってきたんだな、とタイトルからも読み取っていただけるだろう。

 今日はガムについて考えてみた。

 
 ガムを初めて口にしたとき「飲んではいけないよ」と誰しも言われたと思う。
 あの甘い甘いガムを噛みつつ、飲んでしまいたい、という欲求に誰しも苦しんだ。
 破戒し、飲みこんだこともある。
 でもなんだか罪悪感に囚われて、ちっとも楽しくない。
 
 ガムってなんだろう。
 よく考えると不思議ではないか?
 溶けない、味がする、膨らむ、謎だ。
 あれは樹脂でできているという話を聞いたことがある。
 樹脂ってことはつまりプラスチックの仲間だろうか。
 体に悪いこと間違いなさそうだが、飲みこまなければ大丈夫だ。ガムを飲みこんではいけない理由はここにあったのだ。
 
 ガムにまつわる思い出を語れ、と言われてもあまりない。
 ガムを踏んだ人のズボンのすそに、ガムが伸びて貼り付いたこと。それを見て安らかになったこと。
 ガムをポケットに入れたまま洗濯して、チノパンを一本駄目にしたこと。
 焼肉屋で貰うガムは即座に味がしなくなること。
 「はだしのゲン」で鬼畜米兵から貰ったガムをゲンたちが近所の子らに見せびらかし誤って落としてしまうのだが、砂だらけになったそれを尚も噛み続けるゲンを見て正直ちょっと引いたこと。
 「はだしのゲン」で原爆の効果の視察に来た米兵たちからガムを貰うには「父ちゃんと母ちゃんがピカドンでハングリーハングリー」と歌い請わねばならないこと。
 
 大した思い出がない。
 「はだしのゲン」に出てくるガムは餅のようなガムで、旨そうだとも思わなかった。というか、あのマンガに於いて「旨そう」なんて思っている場合ではないのだ。彼らは日々死活問題なのだ。ハングリー、ハングリー、なのだ。
 でも、ガムでお腹は膨れないと思います。

 今年のバレンタインはガムでいいんじゃないでしょうか。お腹に入らないし。


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

LIVEの予定

sobuchi

Author:sobuchi

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
こちらもクリック↓

FC2Blog Ranking

カウンター
ブログ村ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。